令和3年度 東京都 保育士等キャリアアップ研修

研修概要

研修の目的

保育士は、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行う専門職であり、その専門性の向上に目標を持って取り組めるよう、初任者から管理職員までの職位や職務内容等を踏まえた体系的な研修計画を作成することとされています。そこで、東京都の指定を受けて保育所のリーダー的役割を担う職員等の育成を行うために、保育現場の専門的な対応が求められる分野に関する1コースあたり15時間の研修を実施します。

受講対象者

東京都内の保育所等(*1)で勤務している者とし、各研修の受講要件は以下の通りです。
【1】専門分野別研修
保育所等の保育現場において、それぞれの専門分野(乳児保育、幼児教育、障害児保育、食育・アレルギー対応、保健衛生・安全対策、保護者支援・子育て支援)に関してリーダー的な役割を担う者(当該役割を担うことが見込まれる者を含む)
【2】マネジメント研修
【1】の分野におけるリーダー的な役割を担う者としての経験があり、主任保育士の下でミドルリーダーの役割を担う者(当該役割を担うことが見込まれる者を含む)
*1子ども・子育て支援法第27条第1項に規定する特定教育・保育施設(ただし、地方公共団体が設置するものを除く)及び同法第29条第3項に規定する特定地域型保育事業の施設並びに、東京都認証保育所事業実施要項(平成13年5月7日付12福子推第1157号)に規定する東京都認証保育所
※上記条件に当てはまらない場合は受講対象となっておりません。ご注意ください。

本研修は受講対象者の方に東京都指定研修の補助金を活用した受講料無料の研修です。
園長や施設長、主任保育士等の管理者の方は東京都における受講料無料対象外となりますので、当財団における本研修の対象となっておりません。

なお、小規模保育事業及び事業所内保育事業においては、施設長(管理者)以外は処遇改善等加算Ⅱの主たる対象者となりうる場合があり、また、家庭的保育事業及び居宅訪問型保育事業は、施設長であっても、処遇改善等加算Ⅱの主たる対象者となりうる場合があります。

また、2019年度より上記対象者に加え、公設民営の認可保育所、認定こども園も受講対象となります。

本研修は修了者を東京都に報告するものです。本件にあたり申込内容など虚偽が判明した場合は、今後の研修受講などに影響する場合がありますので、不明な点のある方は必ず事前に当財団の本研修担当までお問合せください。

受講料

無料
ただし、研修コースにより研修資料代として750円~2,500円程度がかかります。

研修日程

こちらのページから開催日程をご確認ください。

研修の申込について

お申込方法

開催日程ページより、ご希望のコースをお申込ください。

*申込後のキャンセルはやむ得ない事情がある場合のみお受けします。
*申込フォームに不都合がある場合は下記の問合わせ先までご連絡をお願いします。

申込締切

各コースとも開催の「概ね2週間前」または「定員となり次第」締切とさせていただきます。本ホームページにてお知らせしますのでご確認ください。
申込締切後、受講決定者には受講決定通知を事業所宛にお送りいたします。
研修資料代の振込案内もお送りしますので、ご確認ください。

各様式のダウンロード

お問合せ先

メール:hk-tokyo@hokenfukushi.or.jp ※@を半角@に変えてお送りください。
一般財団法人保健福祉振興財団 東京都保育士等キャリアアップ研修係
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-5 平河町Kビル3階
TEL:03-6261-0307 FAX:03-6261-0308

修了証

各コース内の全研修15時間を受講し、受講後の研修レポートの提出を確認した上で、修了認定を行い東京都に報告します。修了者には分野ごとの修了証を、令和4年3月末までを目安に事業所あてに送付する予定です。
*本研修の修了認定は、各コース内の全研修15時間を受講していることが要件であり、研修レポートの正しい提出がない場合や、欠席、遅刻、途中退席等のある場合、研修資料代等の未納、必要情報等の不足がみられる場合には修了証を発行できませんので予めご了承ください。

その他

受講申込書に記載された個人情報については、当財団の個人情報管理規定に則り適正な管理を行い、本事業の運営以外の目的に利用することはありません。なお、受講申込書、公的書類・資格証の写しは返却しませんので、予めご了承ください。
研修終了後、東京都以外の都道府県間で研修修了者の情報を共有する場合があります。同意される方のみお申込みください。
申込書の記載内容が事実と異なる場合、受講及び修了の認定が取り消しとなることがあります。

新型コロナウィルス等の感染症対策について

  1. 受講決定通知に同封いたします受講票には、事前の健康状態に関する問診項目がございます。必ずご記入の上、発熱や咳など健康状態に不安のある方は、研修のご受講をお控えください。問診項目の記載内容によっては研修のご受講をお断りさせていただく場合がございます。
  2. 受講にあたっては、原則、会場内ではマスク着用をお願いいたします。また、入場前のスタッフによる検温、手指消毒などの感染対策にご協力お願いいたします。ご協力いただけない場合は研修のご受講をお断りさせていただく場合がございます。
  3. 自園やご家族等関係者で新型コロナウイルス感染症の陽性者及び濃厚接触者が発覚した場合は、その時点ですぐに当財団事務局までご連絡のほど宜しくお願い申し上げます。研修の前日や当日に発覚した場合は、事務局までご連絡の上研修のご受講をお控えください。
  4. 保健所等からの情報提供の要請があった場合には、保健所や行政など当該機関に個人情報を提供する場合がありますのでご了承ください。
  5. 当財団職員は全員マスクを着用し、手指の消毒、手洗いを随時行います。
  6. 当財団職員の検温・風邪症状等の有無を確認しています。 検温にて発熱および風邪症状のある者は自宅待機とし、健康管理を徹底しています。
  7. 座席、テーブル、使用備品、その他ドアノブなど教室内の触れやすい所は研修実施前と実施後にすべて消毒いたします。その他使用物品については適宜 消毒いたします。
  8. 座席は前後左右を空けた配置をしております。
  9. 研修実施中は換気扇の常時使用や会場入り口のドア等の定期開放で、室内換気に努めます。換気の関係上、座席によっては寒暖の差が発生します。換気を優先させていただく場合がございますので、ブランケットや衣服などでご調整くださいますようお願いします。
  10. 教室入り口周辺と各座席には手指消毒液を設置いたします。ご利用いただき、手指消毒をお願いします。